スタッフコラムVol.9「脳外科に行くのはどんな時?」|横浜市青葉区の脳神経外科「横浜青葉脳神経外科クリニック」

  • 【ご相談・お問合せ専用ダイヤル】

    0459052272

    診療
    受付時間
    月~金8:30~18:00 /
    8:30~12:30
    ※日祝休診
  • 【予約専用ダイヤル】
    ※MRI・MRA検査予約の方
    ※診療予約の方

    0459052273

    電話
    受付時間
    月~金9:00~18:00 /
    9:00~12:30
    ※日祝休診
MRI検査予約・診療予約について詳しくはこちら

※ 予約なしでも受診可能です

コラム一覧

スタッフコラムVol.9「脳外科に行くのはどんな時?」

2021.01.14

最近、筆者自身が思ってること。

 

『脳外科クリニックを受診する時って、

あまり知られてないんじゃないかなぁ・・・?』

(私にとっては当たり前ですが。)

 

 

普段の日常生活のなかで、

仕事は何をしてるんですか?と聞かれることが度々あります。

 

「脳外科のクリニックに携わっています」というと、

「脳外科のクリニックなんてあるんですか?珍しいですね!」

と言われることが本当に多いです。

 

もしくは「へぇ~・・・」

おそらくですが、イメージが持てないんじゃないかと思ってます。

 

確かに、脳外科のクリニックは珍しいかもしれません。

内科、整形外科、皮膚科・・・

このあたりの診療科はクリニックが沢山ありますね。

 

言われてみれば脳外科クリニックはあまり多くはありませんが、

筆者の私からしてみれば、

「ここにもあるし、あそこにもあるなぁ!」

意外とあるもんだな、という感覚です。

私は普段から意識してみてるからだと思いますが・・・。

 

話が外れましたが、

「脳外科クリニックはどんな時に行ったらいいのががわからない!」

という方が多いのではないかと思い、

実際によくある患者さんの来院したきっかけを少しまとめてみました。

 

クリニックのイメージがわくかもしれませんし、

自分事だけではなく、家族全体で考えた時に

このような症状で悩んでいる方がいるのではないでしょうか。

意外と身近な存在なんじゃないかな・・・?と思います。

 

 

Q:脳外科に行くときはどんなとき?

 

・頭が痛いとき(初めての痛み、いつまでも治らない痛み)

・意識を失って倒れたとき

・手足が痺れるのに整形外科では異常なしと言われたとき

・めまいがするのに耳鼻科では異常なしと言われたとき

・ものが二重に見えたり、片方だけ見えなくなったりしたのに眼科では異常なしと言われたとき

・突然喋りづらくなったとき

・突然片方だけ力が入らなくなったとき

・おじいちゃんやおばあちゃんの物忘れが進んだと感じたとき

・部活やスポーツ競技中に、激しく頭を打ってしまったとき

・抱っこしていた赤ちゃんを落としてしまったとき

・庭の手入れをしていたときに転んで頭をぶつけてしまったとき

・会社などの定期検診で脳外科受診を勧められたとき

・近親者に脳疾患の方がおり、自分にも似たような症状があり心配なとき

 

上記は抜粋したものですが、

少しはイメージがわくでしょうか?

 

 

特に、意識消失や片方だけの症状は、大きな病気が隠れている可能性もあります。

 

また、タイミングとしては、

「たった今その症状があって辛いんです!」

というときに受診されるのが、診察も検査もするのに一番良いですが、

 

「○日前にこういう症状があって、気になるから受診しました!

今は治ったんですが・・・」

という後日談でも構いません。

 

 

この記事で、受診してみようかなと思ったり、

身体の悩みが解決できる一助になればと思っています。

ページトップへ戻る